横手の住宅 Works

作品紹介『横手の住宅』

   

コンセプト

第2号のエコウィンハウスであり、初のエコウィンオーダーハウスである。
敷地は、昔ながらの細い道路と地形的に隣地や道路面との高低差をもつ横手であった。
三世代同居となる既存木造住宅の建て替えということと、個人で歯科技工の会社を営まれており、建て替えるにあたり、別に借りておられたオフィスも組み込んだ兼用住宅を希望された。
住宅の温熱性能・技術は、当社が開発したエコウィンハウスをベースとし、プラン的には職住分離するように、住宅と事務所がループ状の末端でつながるように、住宅の玄関は1階、オフィスへの訪問者は専用の屋外階段によって2階の専用玄関へアプローチするという動線とした。
また、技工作業の発生時に出る音の問題に関しては、外張り断熱・樹脂サッシによる気密・防音効果と内壁での遮音仕様で対応することにより解消している。
また、お父様がご高齢であるためバリアフリー住宅にすることと、将来的な介護も考慮した水回りと各室の関係、奥さまの機能的で個を尊重した家事動線などをプライベート空間では確保し、住宅中央を横切る一枚の反射性をもった板壁によってパブリックとプライベート空間とを緩やかに仕切っている。
お父様は工事中、趣味の写真を何百枚も撮影され、引き渡しで嬉しそうに私達に竣工写真を見せていただいたのが、今でも鮮明に記憶されている。
物件名 横手の住宅
物件概要 所在:熊本市横手
用途:兼用住宅(事務所)
階数:地上2階建
延床:166.63m2
施工:(株)藤永組
完成:平成19年6月