秀和レジデンス Works

作品紹介『秀和レジデンス』

   

コンセプト

この建築は新設された保健大学を望む高台に建っている。
九州新幹線の収容移転により、市街化調整区域に全8戸の共同住宅が建築された。
入居者層は、この大学に通う学生をターゲットとし、豊かな学生生活を送る学生のための憩いの場と豊かな空間を持つ落着いた建築を目指した。
外観は白を基調とした優しい印象に加え、若者の住まいらしくコンクリート打ち放しと金属の手摺などで現代的にデザインしている。ガラスの庇で覆われたオー トロックのエントランスを抜けると目の前に一面デッキを張られたコミュニティースペースが設けられている。このスペースからは学生が通う保健大学を望むこ とが出来、住民の学生の自由な使用を可能としている。
住戸内部は1Kで、対面型キッチンを設け、上品でありながらも暖かい内部デザインをしている。部屋と洗面所など各内装のクロスとキッチンの色は明るい黄色系の部屋と、暖かいピンク系の部屋と二通りを用意し、各階に配置し、入居者の自由な選択肢の一つとした。
これからの小規模集合住宅の一つのスタイルである。
物件名 秀和レジデンス
物件概要 所在:熊本県熊本市下硯川
用途:共同住宅
階数:地上3階建て
延床:240.97m2
施工:(有)世和建設
完成:平成16年2月