お知らせ&ブログ News & Blogs

【 白いR壁の家 地鎮祭 】

2018-09-18 (Tue) 14:21
設計を進めていた9月17日敬老の日に「地鎮祭」が執り行われました。
 
熊本市内のある住宅地の角地(交差点)に建つ住宅ということと、
近くの保育園児の散歩コースであることから
角地の部分を曲線の壁としています。
 
この曲線の壁は、室内部分と外部空間の緩衝帯(バッファゾーン)として機能し、
プライバシーと開放性を確保し、
日射制御を兼ねて室内へ緩衝帯で拡散したやわらかい光が
リビングダイニング空間に入るように意図しています。
 
埋蔵文化財の発掘調査で半年間着工が出来ませんでしたが、
3月の竣工へ向け設計事務所としての工事監理が始まります。

20180918(1)

20180918(2)

20180918(3)

20180918(4)