トラス屋根の下の駐車場 トラス屋根の下の駐車場

トラス屋根の下の駐車場

トラス屋根01

このプロジェクトでの設計による回答は、まず、計画地地盤が超軟弱地盤であるということと、10台の屋根付き駐⾞スペースを設ける。という前提条件から、通常の重量鉄骨(H鋼等)による屋根構造体の採⽤ではなく、細い部材を繋げ応⼒による構造的合理性からトラス架構にすることにより本体⾃体の軽量化と省資源化、また、結果、基礎の杭⼯事無しの設計、そして、駐⾞の容易さから10mM×13.8Mのトラスによる無柱空間を実現しています。屋根には、太陽光発電パネルが設置可能。トラスの架構は、天井材をあえて設けなくてもそれ⾃体でデザイン性を持っており、⾞寄せのアプローチ庇や、ガラスを設ければ⼩規模店舗、ショールームや⼯場などにも採⽤可能です。夜間には天井⾯へ向けてライトアップなどで演出することで、機能性と美しさをもち、幅広い⽤途に応⽤できる構造です。

トラス屋根02