広丁フォト スタジオ

20141016a







広丁フォト
古くからこの地(旧地名:広丁)で営業をされていた写真スタジオ(主業務は卒業アルバム製作)の増床(隣接室購入)に伴うインテリアデザイン設計。
建築主より求められた条件は、働くスタッフの作業環境改善と、これを機に新たなインテリアデザインによる企業イメージの向上を要望されました。
私達は、写真という一瞬を記憶・記録として刻み、視覚を通し語りかける表現するという仕事に対し、その室内空間も一瞬の映像のように訪問者や街を通る人々に印象付けられるデザインを目指し、高級感と安らぎを印象づける木目の壁、カメラに象徴されるメタリックな質感との対比などによるデザインとしました。
また、新たに購入された隣室との仕切り壁が構造上撤去出来なく分離されるため、目の錯覚を利用し、ファサード上2室が繋がっているかのようなデザインとしています。
広丁フォロスタジオ左:全て旧室内
右:右上2枚:1階オフィス/左中左:2階オフィス/右中右:写真スタジオ/下左より:階段ギャラリー、トイレ、チェアー、待合ホール