ホテルいな里 Works

作品紹介『ホテルいな里』

コンセプト

杵築市は、大分県の北東部にあたり、「仏の里」国東半島の南の玄関に位置する、城下町として栄えた歴史のある町である。企業進出の影響もあり、昨今、町全 体が活気にあふれている。そんな中での、ビジネスホテルの計画であった。計画地には既に鉄骨2階建ての建物があり、カラオケボックスとして利用されていた が、ホテルの建築に合わせて、この建物をホテルの客室として再生することとなった。
計画された建物は、既存建物の対峙するように敷地の南側に置かれた。基壇を、ロビーとレストランで構成し、その上部に宿泊棟を乗せ、視覚的に独立したブ ロックとしている。ソリッドな外観を、より厳格に見せる為、正方形の窓が規則正しく並べられており、緊張感のあるフォルムとすることが出来た。
物件名 ホテルいな里
物件概要 所在:大分県杵築市
用途:ホテル
階数:地上8階建て
延床:1598.99m2
施工:(株)ムクノ建設
完成:平成13年3月