シルワエッセ Works

作品紹介『シルワエッセ』

   

都市のキャナル(渓谷)

ここで建築は都市において「LIVE(住む)」という素因と「WORK(仕事)」という素因を統合することで新しい生活スタイルを提案している。幅員 16mの主道路に面し左右にゲート的な植栽モニュメントを配し、建築と通りとの間に機能としてだけでなく積極的に街に開かれたコモンスペースとして駐車ス ペースを確保している。通りに面したファサードは、1,2階の店舗部分を開かれたガラスのカーテンウォールと上部の浮遊感を漂わせた型枠ブロックの箱(住 宅群)、沿って中央の「キャナル(渓谷)」に埋め込まれた光のメタファーとしてのガラスのエレベータシャフト、サーキュレーションとしての鉄骨階段により 分節される。「キャナル(渓谷)」は居住者のための共有ホールとして開放されガラスシャフトにより自然光を谷間に提供している。建築を祝福するかのように しかしながら控えめに「花束」がブロック壁に寄り添うように置かれている。
物件名 シルワエッセ
物件概要 所在:熊本市江越
用途:共同住宅
階数:店舗+事務所+共同住宅
延床:904.04m2
施工:(株)岩永組
第5回くまもとアートポリス推進賞選賞